O.N.S MANUAL

2018年スニーカー・セレクション

春はまだ遠いが、冬用のブーツをしまってスニーカーに衣替えする季節のために準備をはじめるのに早すぎることはないだろう。寒さ真っ只中だが、スニーカー業界は常に動き続け、春になった途端、様々なスニーカーでスタート・ダッシュできるよう、既に春コレクションが発表されていたり、近々発表が予定されている。これからご紹介するブランドやモデルは、春コレクションとはいえ一年中履けるものを意識して選んだセレクションばかり。ビンテージ、レトロ、クラシックから、最新テクノロジー、高級仕様など幅広く楽しんでもらいたい。

CASBIA AWOL AP カスビア「エイウォール・AP」

これは見過ごしてほしくないブランド。伝統を受け継ぎつつ、現代スタイルを目指すイタリアのスニーカー・ブランド。「エイウォール・AP」シリーズはその哲学を最も端的に表現しており、高級スエードやレザー製のスニーカーに、アシメトリックなデュアル・レースアップとジッパーの留め具が特徴的。写真の分厚いソールのスニーカーなど、近未来のハイキング用ブーツか高級ファッション・スニーカーのようだが、そこにいくつものユニークな特徴が盛り込まれている。ぜひ、あなたのスニーカー・セレクションの中に一足は欲しいブランドだ。小売価格:425ドル


Nike Air Max 98 ナイキ「エア・マックス98」

「エア・マックス 97」20周年記念で大々的に盛り上がった昨年同様、今年は「エア・マックス 98」が注目を集めるだろう。90年代後半~2000年代初めに人気を博した厚底で華やかなこのタイプのスニーカーの再ブームが到来している今、「エア・マックス98」にとっての2018年はまさに絶好のタイミング。「エア・マックス」ファンや、レトロ・スニーカーのコレクターはもちろんのこと、通常のスニーカー・ファンもこのリリースを見逃しはしないだろう。初回は2色のみ発売、年内通じて続々と他のカラーが登場。小売価格:160ドル


Air Jordan 3 Retro “Black/Cement” ナイキ 「エアジョーダン3 レトロ ブラック・セメント」

リリースは2月だが、既に今の段階で、「エアジョーダン3 レトロ ブラック・セメント」の復活を待ちわびている。1988年にリリースされた、ユニークな黒にエレファント・プリント柄が特徴の「エア・ジョーダン3」。その「エア・ジョーダン」シリーズはその後、「ジャンプマン」コレクションへと切り替わり、「エア・ジョーダン」の新作発表が止まっていたことからも、この復活には特別な意味があるからだ。「エア・ジョーダン3」がリリースされれば、スニーカーファン全員が少なくとも1足は買うといっても大げさではない。「エアジョーダン3 」は、マイケル・ジョーダンの誕生日である2月17日にリリースされる予定だ。小売価格:200ドル


Karhu Fusion 2.0 カルフ「フュージョン2.0」

100年以上もの歴史があるフィンランドのスニーカー・ブランド、カルフは、米国や日本ではまだ名が知られていない。だが、高品質のスウェードと美しい色使いからなる印象的なレトロ調のランニングモデルを展開し、シューズ業界の革命的な存在だ。カルフは、カニエ・ウェストが2017年始めにこのモデルを着用していたことから、急に注目を集め始めた。ただ、カニエの宣伝効果によって売上が増加する前からも、スニーカー・ファンにとっては既に人気のある商品だったのは確か。2018年には、カルフに対するファンやメディアからの要望が更に増すだろうから、その前にカルフのオンライン・ストアでスニーカーを注文することをオススメしたい。小売価格:140ドル


Balenciaga Speed Trainer バレンシアガ「スピードトレーナー」

まるでソックスのようなこのスニーカーの人気は、2018年も衰えることがないだろう。バレンシアガの「スピード・トレーナー」シリーズは、通常のランニングシューズと同様にクッション性の高いインソールと、そしてなんと言ってもニットソックスからなるこのアッパー部分のミニマリスト的外見で目を引く。類似商品が次々と値段を下げて登場される中、やはり高級ブランドであるバレンシアガの「スピードトレーナー」こそが一流と見られており、不動の人気を誇っている。小売価格:695ドル


Adidas FutureCraft 4D アディダス「フューチャークラフト 4D」

読者が無類のスニーカー好きなら、ナイキのファンがいかにナイキをアピールしようとも、アディダスの近年の技術革新を無視することは出来ないはず。アディダスの弾力性のあるソールは登場当初からスニーカー業界をとりこにしたが、アディダスはそこで探求を止めることなく、ミッドソールを3Dプリンターで制作した「フューチャークラフト」を開発、パフォーマンス スニーカーの製造過程に革命ともいうべき変化を起こした。「フューチャークラフト 4D」は、プライム・ニットアッパーとデジタルライト合成で作られた4Dプリントソールから出来ている。デジタル合成というのは、デジタルライトと酸素透過性のある光学レンズ、プログラミングが可能な液状樹脂を用いて非常にパフォーマンスの高分子製品をつくるプロセス。アディダスのファンはもとより、販売店もほしがる逸品だ。同製品は、1月18日にまずニューヨークのみで独占的にリリースされ、その後、徐々に販売エリアを広げる予定。小売価格:300ドル

O.N.S MANUAL

2018年スニーカー・セレクション

RELATED POSTS
SIZE GUIDE
トップス
サイズ S M L XL
着丈 71-73 73-75 75-77 78-80
胸囲 89-94 97-102 107-112 117-122
袖丈        
長袖 63-64 65-66 66-67 67-68
半袖 21-22 22-23 22-23 23-24
ボトム
サイズ
(インチ)
28 29 30 31 32 33 34
ウエスト 78-80 80-82 82-84 84-86 86-88 88-90 90-92
前股上 20-24 20-25 21-25 22-26 22-27 23-27 24-28
裾幅 31-33 31-34 31-34 32-35 32-36 33-37 33-38
※すべてセンチメートル表記 CLOSE