O.N.S MANUAL

The Nature Explorer: Yuki Shirai

18歳のときに平塚の地でライフセービングに出会い、その深遠で神聖な世界の住人となった白井勇喜さん。大学4年生の時には、ライフセービングの日本選手権においてビーチフラッグス種目で好成績を収め、翌年には日本代表として全豪選手権に出場。大学を卒業し就職してからも、彼の生活の根幹にはライフセービングというものが、まるで悠久の大河のように静かに、確実に存在しています。東京からそう遠くない地に暮らしながら、都市生活者とは明らかに違う価値観のもと海や山と一体となって暮らす彼が、日々の暮らし方とその先に見える素敵な物語を語ります。

どんな経緯でライフセーバーになったのですか?

最初の始まりは、高校3年生の時にやっていた、平塚のビーチクリーン活動でした。ビーチクリーンを始めたのは実はすごく安直な考えで、僕はあまり学校の成績が良くなかったので、ボランティア活動をしてあわよくば推薦をもらおうと目論んだのです。いつものように海岸のゴミを拾っていたある日、ライフセーバーの人に声をかけられました。話を聞いてみると、「ライフセーバーもボランティアの一つだから、やってみない?」と。そのひと言が、僕のライフセーバー人生のスタートでした。そうして大学2年の春に、ライフセーバーの資格を取得しました。その後、大学時代の毎日のトレーニングが運良く実り、4年生時にライフセービングの日本選手権のビーチフラッグス種目で5位入賞を果たしました。22才以下ではトップの成績だったので、日本代表の強化指定選手になり、翌年オーストラリアで開かれた全豪選手権に日本代表として出場しました。
大学を卒業してからも、こちらのアスレチック施設で働きながら、ライフセービングの活動を続けています。今は競技の最前線というより、ジュニアチームの育成の方に力を注いでいます。とはいえ職場が山梨県になった今でも、休みの日はほとんど平塚の海に行ってパトロールやトレーニングをしています。だから海のパトロール日数は学生時代とあまり変わっていません。少し前までは職場が平塚だったので、仕事帰りにもよく海に顔を出していました。

ライフセービングのどんなところにのめり込んだのですか?

根本にあるのは、海が好きということです。自分が大好きな海で悲しい思いをする人が出て、海は危ないからやめようとなってしまうのを、なんとか回避したいと。それが根底にあるからこそ、どんな辛いトレーニングもこなすことができました。
僕がパトロールをしている平塚の海は、今年も無事故で夏を終えました。僕が大学一年生の時からずっと事故は起きていません。事故がゼロということは、溺れたり流されたりして助けて!となる前に防げたということです。こんなふうに不幸を未然に防げることが、ライフセービングの一番のやりがいでありアイデンティティーだと思います。

オフの時は、どんなことをしていますか?

ライフセービングも仕事もないときは、たまに愛車のワゴニアに乗ってドライブをしています。たいていは妻も友達も乗せず、ひとりで走ります。行く場所は海沿いとか山とか、やっぱり自然のある所がほとんどですね。実は車をもう1台持っていて、仕事の行き帰りにはそちらを使います。ワゴニアには、プライベートで本当に自分が乗りたい時にしか乗りません。たぶん、自分の中で何かあるんでしょうね。ちょっといきづまった時に、これに乗って気持ちを落ち着けようみたいな感覚が。
家ではミニトマトや枝豆を作っていて、最近は味噌も作りはじめました。もうすぐできあがるので、すごく楽しみです。ごはんもたまに土鍋を直火であぶって炊いています。自給自足までは全然いかないけど、そういうことをするのがすごく楽しいです。

ファッションは、どんなスタイルが好きですか?

自分のライフスタイルがら、パタゴニアの着用率が高いです。たいていアウトドアブランドって海か山のどちらかに偏るんですが、パタゴニアは海と山の両方をしっかり網羅しているんですよね。普段はそういう機能的な服を着ることがほとんどです。たまにお洒落をする時は、今日着たような服を着ます。ワゴニアに乗る時も、なるべくサーフショーツとかではなく、きちんとした格好で乗ろう心がけています。

この先やりたいことを教えてください。

ライフセービングは一生続けたいです。スポーツには引退があるけど、ライフセービングに引退はありません。だからたとえ60歳になっても大会には出続けたいし、救助の時に泳いで助けにいけなくても、119番をすることはできます。そうやって持ち場を分担できるのがライフセービングのいいところです。だからずっとこれはやり続けたいですね。
それと、できればゲストハウスか民宿を自分で手がけてみたいです。妻もいいんじゃないと言ってくれています。そうやってゆっくり過ごすのもありだよねと。

数十年後に、“こんな人になっていたらいいな”というのはありますか?

ライフセービングの延長として、「その地域で何かあったらあそこの家に行けばいい」という人になりたいです。地域の子供たちからも、親の世代からも、「困ったらひとまずユウキの所に行けばなんとかなるんじゃない?」と思われるような人です。今ではライフセービングのクラブで自分はそうなりつつあるので、それが地域に根付いて輪が大きくなっていったら、すごく楽しいんじゃないかなと。その中心に自分のゲストハウスがあればいいですね。お金は稼げなそうですけど(笑)。

O.N.S MANUAL

The Nature Explorer: Yuki Shirai

RELATED POSTS
SIZE GUIDE
トップス
サイズ S M L XL
着丈 71-73 73-75 75-77 78-80
胸囲 89-94 97-102 107-112 117-122
袖丈        
長袖 63-64 65-66 66-67 67-68
半袖 21-22 22-23 22-23 23-24
ボトム
サイズ
(インチ)
28 29 30 31 32 33 34
ウエスト 78-80 80-82 82-84 84-86 86-88 88-90 90-92
前股上 20-24 20-25 21-25 22-26 22-27 23-27 24-28
裾幅 31-33 31-34 31-34 32-35 32-36 33-37 33-38
※すべてセンチメートル表記 CLOSE