O.N.S MANUAL

SCENES FROM KYOTO: MITSURU WAKABAYASHI

O.N.Sニューヨーク編集部興奮とインスピレーションを求めて、世界中にアンテナを張っています。そして常に普通ではない驚くようなものを見つけるようにしています。新シリーズ「冒険する写真」では息を飲むような素晴らしい写真を撮る京都の写真家Mitsuru Wakabayashiさんに出会いました。躍動感ある彼の写真は伝統的な古都の姿を写しつつ、一度見ると忘れられないような人情味も捉えています。

京都で好きな場所5ヶ所を教えてくださいという質問に5枚の写真で答えてくれました。

清水寺

清水寺は坂上田村麻呂によって建てられたと言われています。約30の建造物から構成されるこのお寺は江戸時代に第三代将軍徳川家光によって再建されました。清水寺といえば清水の舞台。京都でも随一の景色が楽しめるこの清水の舞台ですが、特に春と秋は絶景です。1994年に世界遺産に登録されました。

嵐山

春と秋が特に人気の嵐山は、平安時代からその景色の美しさで知られています。壮大な山々と川、うららかな竹林、そして有名な渡月橋。嵐山は日本人のみならず世界中の人から愛されています。

先斗町

先斗町をこんなにも魅力的にするのはそこにある通りです。かつては繁華街として栄え、今でも京都で最も活気のあるエリア。春と夏の間は鴨川の納涼床が楽しめます。鴨川を見下ろしながら食事ができる、なんとも京都らしい贅沢な一時です。

八坂の塔

法観寺は清水寺と八坂神社の間に建てられています。八坂の塔と呼ばれる5階建ての塔は法観寺の敷地に建てらていますが、今は寺院より塔そのものの方が知られています。この塔は八坂通りから見ると本当に見事です。この景色は観光客の間で人気があり京都の中でも私が特に好きな場所です。

花見小路

花見小路通は茶店や家屋が並び祇園らしい空気が流れる通りです。この道を歩くと本当に落ち着きます。四条通にぶつかるところが一際美しいです。ここ来れば伝統的な石畳と古い建物たちが重なり合い、本当に美しい世界を創り出しています。運が良ければ宴の席へ向かう舞妓さんや芸妓さんを見つけられるかもしれません。

O.N.S MANUAL

SCENES FROM KYOTO: MITSURU WAKABAYASHI

RELATED POSTS
SIZE GUIDE
トップス
サイズ S M L XL
着丈 71-73 73-75 75-77 78-80
胸囲 89-94 97-102 107-112 117-122
袖丈        
長袖 63-64 65-66 66-67 67-68
半袖 21-22 22-23 22-23 23-24
ボトム
サイズ
(インチ)
28 29 30 31 32 33 34
ウエスト 78-80 80-82 82-84 84-86 86-88 88-90 90-92
前股上 20-24 20-25 21-25 22-26 22-27 23-27 24-28
裾幅 31-33 31-34 31-34 32-35 32-36 33-37 33-38
※すべてセンチメートル表記 CLOSE